スマホで手軽に誰にも知られずピル購入できる方法とは!?

日頃の調子はどうですか?


知らなきゃやばいアフターピルの原理

望まない妊娠というものを避けるために、アフターピルを利用している女性は多いものでしょう。

アフターピル

基本的に事前にピルを飲む習慣をつけていればいいのですが、ピルを服用していると様々な副作用に悩まされるという体質の方も存在しています。

セックスの際にコンドームなどを付けて避妊をすれば、妊娠は100パーセント回避出来るかといえば、そうではありません。

またセックスのパートナーのためや自信の快楽のために、そういったコンドームの装着はしたくないという方もいらっしゃいます。

アフターピルが妊娠を回避するシステムは、体内のホルモン量をアフターピルによって急激に上げる。

着床を防ぐメカニズム

または急激に下げるということをすることで、子宮内で出血を起こし、無理やりに子宮内膜を剥がしてしまうことによって、精子が着床することを防ぐというメカニズムになっています。

このメカニズムは女性を定期的に悩ませている生理現象とまったく一緒です。

使用方法としては、性行為が行われた後、72時間以内に服用をするというものです。

疑問として早く飲み過ぎてはダメなのかということを疑問に思っている方もいるようですが、早ければ早いほどに効果が期待出来ます。

 

痔とピルとの関係

何気に女性は痔になりやすいということを知っていますか?

痔になりやすい女性というものは、便秘持ちの女性が多いとされています。

 

便秘になり必要以上に腸に排泄物がたまった状態。

そこから一気に薬などを利用して、排泄をするわけですから、切れ痔と呼ばれる裂肛の状態になるのは、想像するに容易いものでしょう。

また便秘になった際に排泄される便は、固いことが多く、それを力んで排泄してしまうために、切れ痔になってしまうケースが多く見られます。

痔になっている人は結構多い

意外と痔持ちの人間というものは多いものなのです。

あるデータによると日本人の3人に1人が痔を患っているという結果が出ているのです。

また、イボ痔になってしまうのも女性に多いとされています。

イボ痔の場合は肛門周辺の静脈の血流が悪くなったことにより、うっ血してしまうことから出来るというメカニズムになります。

こういったことを見てみると、キーワードになってくるのは、血行やホルモンバランスというものです。

ピルの副効果として便秘や血行促進というものが挙げられますから、何気に切れ痔やイボ痔への対策としても利用することが出来るのです。

 

産後の避妊にピルは使えるのか

結婚をし妊娠・出産を経験すれば、まだまだ子供が欲しいという家庭もあれば、もうこれ以上はいいという家庭もあることでしょう。

後者の場合、産後の避妊をどうするべきかという問題が出てきます。

ピルは産後いつからでも使用することが出来ますから、避妊方法としては有効ですが、注意点があります。

それは授乳をして赤ちゃんを育てたいと思っている方は、利用することが出来ないということです。

母乳で育てるなら使わない方がいい

母乳で育てる
母乳で育てないという方であれば、産後の避妊方法としてピルは有効ですが、もしも母乳で育てたいという場合には、ピルは使用しない方が良いでしょう。

なぜならば、母乳にピルに配合されているホルモン剤が溶け出てしまう恐れがあり、赤ちゃんの健康を害する恐れがあるからなのです。

また母乳の分泌そのものを抑制してしまう働きというものもありますから、母乳をあげたくても、赤ちゃんが満足出来る量の母乳を出すことが出来ないということも起こりえるのです。

こういったことは、ピルを利用する前にしっかりと覚えておきたいところですね。

 

ピルの飲み忘れについて

ピルを服用すると、かなり高い確率で避妊効果が期待することが出来ます。

ピルは28日周期を守り、毎日服用するという方法が基本です。

21日ピルを服用し、7日は休息。

その後にまた21日服用、7日の休養というサイクルを繰り返すのです。

このサイクルを守らないと高い避妊効果を期待することは出来なくなります。

しかしながら、人間ですから、ついついピルを飲むのを忘れてしまうということもあるのです。

こういった場合には、一番は処方してもらった医師に相談をして、対処方法を聞くということが一番です。

服用忘れには気を付ける

ピルを服用するのであれば、休薬明けの1日目の服用忘れは一番注意をして欲しいポイントです。

どうしても忘れてしまいそうな心配がある場合には、28錠タイプのタブレットシートを利用すべきでしょう。

基本的に飲み忘れが発覚した月は、無茶な性行為は控え、コンドームを着用してもらうというのが基本になります。

飲み忘れに気がついた場合、服用を注意して出血を確認します。

出血を確認したら、24時間以内に新しいシートで服用開始というのが一般的な対処方法になります。

 

ピルの服用を考えた方がよい人とは

ピルを服用することで、避妊はもちろん、女性の肉体に様々な副効果があることは、ある程度にピルの知識を有している方であればご存知だと思います。

ピルの服用

ピルを服用することは、良いことばかりではありません。

誤解を恐れずに言ってしまうと、薬を服用することによって、自分の身体を無理やりにコントロールするということに変わりがないからなのです。

効果の高い薬というものには、副作用というものがつきものです。

これはピルばかりでなく、その他の薬にも言えることですからね。

ですから、薬を服用する際には、その用法などをしっかりと読み、正しい服用の方法や、飲んではいけない条件などを覚えておくべきでしょう。

疾患リスクが高まる現実

ピルの服用を考えなければならない条件で最も覚えていて欲しいことは、喫煙習慣のある方と、年齢が40歳以上というような年齢が高い方の服用です。

年齢については、女性というものの性質上、年齢を重ねていくにつれて、循環器系の疾患リスクが非常に高まるからと言われています。

ただでさえ加齢によって循環器系の疾患の発症確率が上がるのに、そこに喫煙習慣があること、またピルを服用していることによって、その確率は格段に上がってしまうのです。

 

ピルはダイエットの邪魔?

女性ホルモンと肥満との関係について、どれだけの女性が把握しているでしょうか。

口を開けば痩せたいとかダイエットしなきゃという女性は多いものですが、ダイエットには重要な女性ホルモンの知識をまったく把握出来ていない女性ばかりなのです。

ダイエットをする目的はなんでしょうか?

体重をただ単に減らすというだけで満足が出来ますか?ということです。

出来るならば、バストやヒップなどはそのままに、ウエストや下っ腹、脚や二の腕といった部分だけを痩せたいと思っている女性は多いことでしょう。

この部分痩せを目指した場合、女性ホルモンの働きを知っておくと非常に便利になるのです。

まず女性ホルモンにはエストロゲン・プロゲステロンの2種類があるのです。

この中でバストやヒップなどの女性らしい体つきの形成に必要だとされているのは、エストロゲンだとされています。

このエストロゲンが減少することによって、空腹ホルモンとされるグレリンが増えること。

また内臓脂肪を蓄積するAldh1a1が活性化することになります。

つまりは太りやすい環境を作ってしまうということなのです。

ピルを利用しホルモンバランスを整え、このエストロゲンを正常に分泌させるだけでもダイエットの手助けになるのです。

最新記事

  • WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

    Hello world!